2017年10月19日

倉敷2りんかん KOODクロモリシャフト体感試乗会!

全国200万「クロモリってなに?」と思いながら、いまさら聞けずにむずむずしているライダーのみなさま、こんにちは。
まあ、人並みには素材に詳しいさきっちょです。

さて、29日に迫ってまいりました倉敷三周年イベントですが、急きょ「KOOD体感試乗会」の開催が決定しました!
kood-1


.ぅ戰鵐汎睛討蓮
KOODアクスルシャフトをアナタの愛車に装着し、実際に走行して体感していただきます。いつもの愛車に装着するので、アクスルシャフトの違いだけが体感できます。

体感出来る車種は
・CB1300SF/SB
・GSX1300R隼
・ZX-14R
・MT-09(トレーサー/XSR/2017年式含む)
・GSX-S1000
※いずれもフロント。

車種は限られますが、無料で実際に体感できるチャンスはめったにありませんよ!
  

さて、ここから先はクロモリシャフトのメリットについてのウンチクになるので、興味のある方だけどうぞ〜
0-0ノシ

○クロモリシャフトってなに?
素材にクロムモリブデン鋼を使ったシャフトです。
略してクロモリと呼ばれる事が多いですね。
ロードバイクのフレームなどでもお馴染みの素材ですが、バイクや車でもパイプフレームの素材としてメジャーです。

・メリットは剛性が高いこと。
金属の特性は単純に硬い、柔らかいだけではないのですが、アクスルシャフトの素材として用いる場合は純正のシャフトに比べて剛性が高いというメリットがあります。

・剛性が高い、つまりねじれに強い。
アクスルシャフトがねじれるとタイヤもねじれるので、接地面が安定しません。これがハンドルに伝わって不安感をあおってくるわけですね。
ここがねじれなくなるとタイヤもぶれずに回転するので、安定した接地感が得られます。
車両や人によってはサスペンションのセッティングを変更する事もあるほどです。

○KOODは何がよいの?
KOODは高剛性に加え、精密な削り出しにより精度も高くなっています。さらに高品質なメッキ処理で表面の高度UP&低抵抗(なめらか〜)になっています。
バイクを押しただけでわかる!という人もいるほどです。


ほぼメリットしかない。
というのが、さきっちょの感想です。ノ0-0ノ

倉敷2りんかんでもイベントまでにはある程度、入荷する予定です!
迷われている方はぜひイベントで体感&その手で感触を確かめて下さい。

それでは店頭でお会いしましょう。
0-0ノシ


ds701 at 12:00倉敷2りんかん  
店舗別記事
2りんかんサイト
記事検索
最新記事